いたつデンタルクリニック

福井県福井市花堂の歯科診療所です。一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科を中心に審美、インプラント、矯正、金属床まで様々な診療を行っています。

TEL.0776-34-0118

〒918-8014 
福井県福井市花堂中2-1-8

終らないッ!!

終らないッ!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

〝歯が痛くて歯医者に行ったら、なかなか終わらないのよ~(*_*)”

ってよく聞きますね(^_^;)!

痛みが出た場合の多くは、むし歯が大きく根っこの先に炎症を起こしたり、神経自体が炎症を起こした場合です!

 

まず、歯の根の中の神経や血管など(あわせて歯髄と呼ばれます)が通っている管を根管と言います。

歯髄は根の先端から歯の中に入り、歯の成長発育に重要な役割を果たします。

しかし、成人になり歯が成長したあとは、歯髄がなくても根のまわりからの栄養供給によって歯は生存できます。
歯の根の治療である根管治療(歯内療法とも呼ばれます)は歯髄が炎症や感染を起こした時に必要になります。

痛くて歯医者にいく際の多くを占める原因です!

炎症や感染の原因は深い虫歯、歯の亀裂、外傷などです。

そのまま放置しておくと、 歯が痛んだり、根の周囲の組織に炎症が広がったり、歯肉が腫れたりします。

 

この際にも強い痛みを感じます(>_<)

場合によってはリンパ節が腫れたり発熱したりと全身的にも影響が出ることもあります。

根管治療によって、これらの症状が軽減したり、治癒したり、予防できたりするのです。
根管治療では、痛んだ歯髄を除去して、根管を注意深く清掃し、 再度の感染を防ぐために根の中に詰め物をします。

このように歯髄を除去する治療法を抜髄と呼びます。

一方、以前に根管治療が終了している根が再び感染してしまった場合にも、根管治療が行われます。

この場合の治療法は、感染根管治療と呼ばれます。

 

治療を始めてから根の中に詰め物をするまでの、根管を清掃する処置こそが何度か消毒を繰り返すので、回数がかかるのです!

さらにこの処置、目に見えて変化のある治療でないために

〝終れない”

となってしまうのですが、、、

 

この処置自体は非常に重要な意味を持ちます!

むし歯などで神経の処置が必要となってしまった場合、根管治療はその後の歯の寿命をもっとも左右する治療なのです!

 

なぜかは次回、、、

 

まだ、うまく伝わるように考え中なので、、、

 

 

4

 

すいません<m(__)m>

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です