いたつデンタルクリニック

福井県福井市花堂の歯科診療所です。一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科を中心に審美、インプラント、矯正、金属床まで様々な診療を行っています。

TEL.0776-34-0118

〒918-8014 
福井県福井市花堂中2-1-8

正しい歯ブラシの持ち方は?

正しい歯ブラシの持ち方は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

歯ブラシの持ち方は基本はえんぴつ持ちです。

えんぴつ持ちとは字を書く時にペンを持つのと同じように歯ブラシを握ることです。

適度に軽く力が加わるので、歯を傷つけたり歯茎を傷める心配がありません。前歯を弱めに磨きたい時などに向いています。

しかし、えんぴつ持ちのペングリップは右側の歯を磨く時は逆手になってしまうので、磨きにくいことと安定した歯磨きができないという難点があります。

 

またじゃんけんをするときのグーで歯ブラシを握った状態から親指を伸ばす持ち方があります。

この状態で歯を磨くと適度な力が働くので歯や歯茎を傷めることなく効果的にブラッシングすることができます。

左側の歯から右側の歯に移る場合は、グーの中で歯ブラシを回転させることで毛先の向きを変えるとよいでしょう。

 

グーの状態で歯ブラシを持つことは悪い持ち方となってしまいます。

この状態では力が入り過ぎてしまって歯茎を傷つけてしまう恐れがあります。

また歯ブラシをグーで握った状態から人差し指を伸ばして持つ方がいらっしゃいますが、これも悪い持ち方です。

この持ち方では小さなところを小刻みに動かすことができないので、歯と歯の間や奥歯をきちんと磨けない可能性があります。

 

正しい持ち方で毎日効果的に歯を磨いていきましょう!

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です